林業体験参加

森林組合さんによる『林業女子』体験ツアーに参加させていただきました。

私がやりたいこととは直接は違うんだけれども、勉強になることは多く、現場に行ってみたかった希望も叶いました。
チェンソーカットもさせていただきましたよ。

一般的な林業は、植林→下刈り→数度の間伐→収穫(主伐)→集材→適材適所に製材→地ごしらえ→植え付け→下刈り…というサイクルで行われ、木は商材であるという考え方。
ざっくり言うと。

このサイクルの集材と運搬について、高性能林業機械が導入されたことで、オペレーターとして、女性が参入しやすくなったそうです。
建築現場や製造業と似てますね。

戦争で焼けた・戦争用に切り出された・戦後の復興のために伐採された…などの理由で丸裸にされた雑木林に、国策として、建築材料として価値の高い杉や檜が植えられていった。
私たち世代以降が潤うよう、祈りを込めて。
混んで植えた方が成長が早いとの理由で、詰め詰めに。

自然の森とは違って、育てていかないといけないのに、さまざまな理由で放置された人工林が、全国に多々ある。

手入れされている人工林が割と多い地域でも、やっと商品になるサイズに木が成長しているのに、伐り出す人材が大いに不足しているそうです。
間伐が追い付いていない場所も、もちろん有り。

なので人手確保の為、いろいろ企画なさっているのだとか。

今日はその一環。
の割には、「私、林業やりたいです。」という前のめりなタイプが見当たらなかったのが残念。

**************

林業の方にとっては「木は商品」なので、環境の保護や、そこに生きるモノ全てとの共存という観点とは噛み合わない部分が多々あるように感じました。
ひとりひとりではなく、全体的な印象として。
お金になるかならないかが軸。

人間の健康の上にしか美容が存在しないように、山の健康があってこそ…だと思うのだけれどなぁ。
もどかしい。

そこがもっと上手く絡めば、日本にとって、世界にとって、必要な産業なんだと思います。
危険なところは、もっとIT系の皆さんに助けて貰えることも多そうだし、トータルにwinwinの関係が作れると、すごく素敵な環が出来そうな気がするー!!

てな事を、くるくる考えた1日でした。

WAQアウトドアストア

アニマルコミュニケーション

先週末、アニマルコミュニケーションを学んできました。
これもずっとやりたかったのに、土日動けず断念していたこと。

アニマル~だけれど、木も草も石も…なのです。
水が含まれている生き物全て、何かしら伝達の術があるのだろうということは、知識としてありました。
それを体感できるスイッチの在処を、教わりたかったのです。

多分1500年前のヒトは、普通に出来ていたんだろうなぁ~と思うし、想像ですが、インディアンやアボリジニのヒトなんかは、今も出来るんでしょうね。
普通に。

2日間で、人によって受けとるパターンが違うことは、すごく分かりました。
あと、コミュニケーションがすぐにとれる個体と、そうでない個体とが当たり前にあることも。

猫でも3匹いたら、個性がそれぞれありますね。
あれと同じなんだと思います。
すんごいオシャベリで「おかえりー、あんなー、おなかぺっこぺこー、なーなーなー」ってカンジで、何かしら感じとろうとしなくても、分かりやすーいコも居るし、寡黙なクールさんも居ます。

スイッチが少し分かってきたから、あとは自分自身のアンテナを頻繁に動かすことで、理解が深まるのだと思います。
初級編だけれど、体感で分かれたのは感動しますね。

そして、セドナから来てくださった先生も、とても素敵な方でした。
動物のスペシャリストであると同時に、見えるもの見えないものとの繋がりも太くて深い方。
なのに、いや、だから、受講者とフラットな立ち位置に来てくださって、大好きになりました。

**********

トレーニングの過程で、
原っぱの一画を見て、自然の規則性をみるというのがありました。


こういうトコロをある方法でみると、

こういう規則的な模様が分かるというもの。

それは幾何学模様だったり小紋柄風だったりするようですが、私がいた場所は、江戸小紋の柄の立涌↑が縦横に交わったようなカンジ。

その調和のとれた規則性は、場のエネルギーなのだそうです。
時間がたつと、実際の草よりも長さが長く見えるものが出てきました。
それにフォーカスしようとすると消える緑色。
それは、植物が成長するエネルギー。

場は、一見バラバラでも、何かしらの規則的なバランスがあるそうです。
ヒトたちの世界もそうなんですって。

地球に住むヒトがお互いに違いを受け入れ、違いを認めあい、正義同士をぶつけ合うことをやめる。
とても飲み込めないや…ってことも実際には多いけれど…

もしそれが出来れば、戦争で金儲けしたい願望の強い一部のヒトに、平和は必ず勝つんだろうなぁ。
「戦争反対!」という怒りがダメだってことが、なんだかすとーんと、腑に落ちました。

***********

自分のエゴになっていないか?
そう悩んだ時などに、このコミュニケーション能力を使って、相談できるようにしたいと思います。

蜂はむやみに怖がらなくてもよい?

林業バリバリの現役さんにお話を聴ける機会がありました。
うち、蜂の情報を。

蜂に刺されても、全員が全員重症になるわけでもないそうですよ‼

蜂に刺されて重症になるのは、アナフィラキシーショックを起こす原因を持っている人。
つまり、蜂毒のアレルギーがある人である。

自分がそれに当たるのかは、予め病院で検査することが出来るのだそう。
アレルギーがあると判断を受けると、対処法として、いざと云う時に自分で太股に打つ注射を処方して貰える。
その注射を打つと10分程度、アナフィラキシーショックによって急激に血圧が下がる症状を抑えてくれるのだとか。

10分の間に救急搬送に備える事が可能になり、重大事故に繋がるのを防ぐ可能性が随分広がるとのこと。

数種類の蜂(その方は、スズメバチ系とミツバチ系とおっしゃっていた)に対するアレルギーを自分が持っているか?
知っていると、無駄にビビる必要が減るかも…です。

※その方は毎年検査を受けられていて、後輩たちにも受けさせ、一緒に動く班のメンバーの結果を把握しあっているとのこと。

あと、蜂とバッティングしてしまうのは、間伐作業よりも圧倒的に下草刈り中が多いそうですよー(^ー^)

絶対はないので、刺されるような状況はなるべく回避したいものです。
黒っぽい服装は、やはり避ける方が無難みたいです。
蜂さん達に怖がられないように、気を使うこととかも、出来ますね。