どんぐりの苗木づくり

 


どんぐりの苗木づくりに挑戦します!!



 
 ▣ 準備物 ~習ったもの~ ▣

*   どんぐり 
・・・なるべく落ちたてのもの
*   選定枝葉を2年程置いて土のようになったもの
*   落ち葉・枯れ枝
*   消し炭(竹炭など)
*   籾殻燻炭
*   麻もしくは藁

 
基本的にはこんなカンジですが
代用できるものは有るものを使う
で、いいようです。


 理想は、11月~1月中旬ころまでに
 出来ることが望ましかったようです。
 わたしは、

*   どんぐり → 秋に琵琶湖周辺で拾ってパウチ袋に入れておいた
*   腐葉土 
→ ホームセンターで購入
*   竹炭(小&粉状) 
→ チャコールファームさん(大阪)で購入
*   籾殻をちょっと燃やしたもの 
→ 炭になっていないw
*   真菰の枯れ葉 
→ 籾殻は、奈良の農家さんの無農薬黒米のもの
            真菰の葉も、同じ方から。
*   コンポストの土

 
で、してみようと思います。

 ①   どんぐりを、自然水に1日浸ける
    飲み水は、三重の宮川のお水を汲んだものを
    送っていただいているので、それに浸けました。
    氣持ちで、和歌山県の神野々の金水を少々。
食べられる??
 ②   ポットに穴をあける
    苗専用のビニールのポットが無いので、前に苗を植えていた
    缶を使用。WSでは、専用ポットの横にも大きめの
    縦長の穴を開けられていました。
    缶も、底と側面に、錐でいくつか穴を開けましたが、
    足りないかも・・・。
 ③   底に竹炭を入れ、その上に腐葉土と土、
   細かくした竹炭・籾殻を入れる

     何層か重ねて、軽く混ぜる
 
④   どんぐりを2~3粒置く 
あ、書くのを忘れてる!
茶色の丸いの2つがどんぐりです!
  ⑤   真菰の葉を細かく砕いたものと、籾殻をのせる
WSで習ったのは、麻か藁を細かくしたもの。もしくは落ち葉を砕いたもの
     毎日かける水が、地表に当たると
     ポットの中身が詰まってきてしまうので
     その保護の役割 

 竹炭と籾殻燻炭の二種類を使うのは、
水分調整・微生物の生育に不可欠な多孔質の炭が
ランダムである必要があるためだそうです。
大きめのものでしっかり→竹炭
広範囲にあること→籾殻燻炭
 
🌳
 
籾殻をゆずっていただいていたので、
それを燃やして炭にしてみようと思いましたが、
うちのベランダでは、怖すぎた( ;∀;)
 
ウッドガスストーブ(去年つくった)に
ヒノキのカンナリボンを入れて、火をつけ、
籾殻も入れたけれども、

いざ火がつくと
「や、やっぱやめよ。」とビビリ、
ただの火遊びで終了。

🔥
 
ホームセンターで買ってきた腐葉土で、
菌糸が出来るのか?不安があるので、
山に行く機会を作って、しっとりした落ち葉を
拾ってきて、後日埋めたいと思います。


今年の秋は、どんぐりと落ち葉と
枯れ枝をたくさん拾っておこう♪
 
育ってくれると嬉しいな。

💝
 
大きくなったら、大きなポットに植え替えて
育てていきます。

🌳

将来、間伐した後に植えてみたりしたいな。
 
これを、自治体の住民みんなで育てておいて、
災害などの復旧の山づくりで使えるようにしておくのは
どうかなーーーー??って思うんだけど。


どんぐりが出来る樹があると、
山の動物は喜んでくれると思いますし、
そういう樹は、マザーツリー的な
山の環境を司る存在になるはずです。


 ・・・


そういうことよりも、

「どんぐりは脂肪と炭水化物だから、
 食糧難になった時に、
 人間の命を繋ぐものになりますよ。」

と言った方が効果的なのかな?


ちょっと分からないけど・・・。


ベランダで愛でることが出来ます♪

地球守 中部支部WS 2020.2.9

 
地球守中部支部さんのワークショップ(WS)を受けに
愛知に行っていました。
 
地球守さんとは、
「生態系を養いうる自然環境のポテンシャル」の視点をもって、
環境講座・環境改善指導・環境診断・環境調査を全国各地でされ、
地球・人・生きとし生けるいのち に対するあたたかな想いを
共有するための 緩やかな学び・交流の場作りなども、
精力的になさっている千葉に本部があるNPO団体。

 
本部で行われるワークショップは、
いつも募集開始からすぐ定員・キャンセル待ちに
なるほどの人氣ぶりです。

🌳
 
この日の中部支部でのWSは、
本部で行われたWSのビデオのシェア会と、その一部の実践。

▪どんぐりのポット苗作り
▪マウンド(苗木の寄せ植えの杜)づくり
▪大きめの植木鉢の中での杜つくり
▪落ち葉ストッカー・コンポストづくり
▪街暮らし編:コンポスト(ベランダ・室内)の紹介
▪土葬・風葬のこと

 
ビデオの中の高田代表は、作業しながら、

 
◇   有機物が土に還る・朽ちる『死』のエネルギーが、
次の『生』のエネルギーになるという循環の話

 
◇   土が分解する過程で、菌糸が生まれる。
その菌糸こそが、
植物や微生物たちのコミュニケーションの
ツールであるという話
 


などをしてくださっていました。


落ち葉と炭をメインに作ったポットの上に置いたどんぐり。
そこはまさに、
『生命の受け渡しの場』ということになります。

 
やがて、

 ポットの中の落ち葉や枝などは、
黒くふかふかの土に変わり、 白い菌糸が増えます。
 

 そういう環境の中で発育する苗だけが、
周囲や大地と会話が出来て、
自分でバランスをとることが出来る、
『木という知的生命体』になるのだそうです。
枝についている白いのが、菌糸。
 わたしは何故だか、
「うん、そうそう。そうですよね。」
と思いながら聴いていました。

 理論的に説明は出来ないけれど、
感覚として知っていた・・・ような。 
 
子どもの頃に体験した
山の中の地面・木々の匂いや触感など記憶や、
間伐などで林に入った時の感覚で、
潜在的に知っていたことを
言葉にしてもらったような・・・。

 だから、
わたしは自分が死んだら土葬して欲しいと、
一時、方法を模索していて、
娘にも希望として伝えていました 笑

 もしも幸運にも、
自分の死期の目安がわかるような幸せな最期だったなら、
山の中に自分で入るのが現実的なのかなぁ・・・とも。



「感覚としてわかっていた」と感じたのは、
高田代表のお話が魅力的だったからで、
急速に腑に落ちた・・・のかも知れません。


🌳

 
コンポストや、土葬・風葬も、
『生命の受け渡しの場』を作るという基本は同じ。
 
すべてが、
“作業”と呼ぶには
あまりにも敬意がこもった行いでした。

 聞き逃しましたが、
 “作法”と時々おっしゃっていたのは、
そういう意味もあるのかも知れません。
 

まずは、

☆どんぐりのポット苗作り

☆自宅のコンポストの改善(ベランダ用)
 
を、自宅で実践し、
また、シェアさせていただきます。
▪大きめの植木鉢の中での杜つくり 実践
竹炭作りも見せていただきました。