鍼灸治療~半身麻痺猫~

あらざんが歩けなくなって、もうすぐ2週間。

◆現状わかること◆
・前足は左は割と力が入りやすそう
・4肢とも動くし神経も通っているが、踏ん張りがきかなそう
・普段は横たわって過ごす
・上体を起こすことは出来るが辛そう。2分くらいで疲れてしまう様子
・シッポの感覚がほとんど無さそう
・前足の付け根(肩?)と肋骨の一番下あたりの背中側にコリのようなゴリゴリがある
・食欲はある、水も飲める
   →水は、シリンジでも補給する(アルジー摂取と、私が出掛ける前)
・ウンチ・オシッコともに、トイレに横たわった体勢で自分ですることが出来る
   →その場所に連れて行けば、自分の腹圧で出来る
・アルジーのおかげもあるのか、毛の艶や便通はとても良い
・短時間だが日光浴も氣持ち良さそう

そして、簡易鍼をした後はほんの少しだが、足を動かしたり身体を動かしたりする頻度があがり、嬉しそう。

なので、鍼灸治療に可能性を感じました。
鍼灸治療してくださる獣医さんを探し、自転車で行ける範囲にあったので、さっそく行ってきました。

まずは、レントゲンを3方向から撮影&血液検査。
血液検査の結果は異状なし。
レントゲンは背中側からの画像ではわからないが、側面からの画像を見て「頸椎に違和感があるようだ」と。
MRIやCTではないので、骨折なのか捻挫のようなものなのかは、分かりません。
そういう精密検査も提案してくださいましたが、全身麻酔をかけて調べて、状態がわかったところでその後は?
結局、西洋医学的にはなにも出来ないのであれば・・・と、それは一旦見送ることにしました。

そして、鍼灸治療。

◆細いを二種類。
◆お(せんねん灸のような形状)を数か所
施していただきました。

診療台の上では恐怖で固まっているあらざん
痛みも熱さもさほど感じなかったようで、暴れようとしたり逃げようとしたり唸ったりという反応はありませんでした。

施術後、今まで反応が薄かったシッポが、威嚇する時のようにぼわっと膨らんでいました。
そして抱き上げようとすると、身体全体が少ししゃんとしています。
キャリーバッグに入れようとした時の抵抗も、ちょっと強い!!

そんな嬉しい変化がありました。

家に帰ってからも、明らかに動くチカラが戻っているのを感じました。

少し続けてみようと思います。

都島本通りどうぶつ病院
http://miyahon.com/
(担当)池内先生:毎週火曜、木曜日午前中&午後5時まで・土曜日午前午後とも・日曜午前担当
若くて可愛い子育て中かな?というカンジの女性の先生。
あらざんに触ったり話しかけたりするのも、優しくていねいな印象でした。

WAQアウトドアストア

ツボ~半身麻痺猫~

今朝トイレに連れて行ったら、私が圧迫しなくても、自力でオシッコもウンチもしてくれ、感激しています。
横たわったままでだから、多少汚れが心配でしたが、それもほぼ無し。
これからは、トイレをきれいに掃除したら、連れて行ってみようと思います。

あらざんは、もう上半身を起こすことも出来なくなり、寝たきりです。

でも、ベッドに上でモゾモゾと体勢を変えたりすることは出来ています。
横たわったままの姿勢でギューっと伸びをしたりもするし、前後の脚4本ともに神経が通っていて、それぞれを動かすことは出来ます。

なので、バランスをとることと立つために踏ん張ることが出来ないのだなと、分かってきました。

猫の身体のツボを調べて、刺激してみたり、マッサージをしたり・・・をしています。
歩けるようになった時のために、屈伸運動などはマメにするようにししています。
あとは、運動不足による便秘予防とか。

◆背面のツボ

【黄】腎兪(じんゆ)腰椎2番と3番の間
→腰股疼通
【緑】大腸癒(だいちょうゆ)腰椎4番と5番の間
→腰痛・便秘
【水色】膀胱癒(ぼうこうゆ)仙骨2番と3番の間
→腰股病
【赤】環跳(かんちょう)お尻のくぼみの中
→腰痛・お尻の痛み、股関節挫傷、後肢麻痺、腰股疼通、後脚のこわばりやしびれ
【紫】命門(めいもん)背中の中心線で腰椎の2番と3番の間
→腰痛

◆側面のツボ

【臙脂】百会(ひゃくえ)腰椎の最後と仙椎の間のくぼみ
→各種神経錯乱、坐骨神経痛、下半身不随
【薄黄】趾間(しかん)後ろ足の外側の各指の間
→後ろ足麻痺
【白】後三里(あとさんり)下腿上部の外側で膝から2㎝のところにある筋溝の中
→後ろ脚麻痺、半身不随、関節炎
【濃黄】合谷(ごうこく)前脚の1指と2指の間
→抵抗力や免疫力をあげる

◆お腹側

【橙】章門(しょうもん)下から2番目の肋骨の先
→脾臓
【水色】天枢(てんすう)おへその両脇4~5㎝
→内臓を活発にする

——————–

ツボ周辺の刺激やマッサージをしたあとは、ほんの少しですが、身体を動かそうとします。
爪楊枝を束ねたものですが、少しでも動くようになるな嬉しいなと願いながら、続けていこうと思っています。

 

おトイレの介助~半身麻痺猫~

あらざんは歩けなくなってから、おトイレの介助が必要になりました。

獣医さんに教わり、自分なりに調べて、圧迫排尿(排便)をします。
きっかけを作れば、自分でリキめるので、いわゆる圧迫排尿(排便)ではないのですが。

掃除したばかりの猫用トイレかトイレシーツの上に、うつぶせにします。
胸骨の下あたりから後ろ脚に向かって、両掌で軽く圧をかけます。
脇腹を優しくくびれさせるように。
脇から徐々に内側を目指して掌をすべらせ、骨盤の内側あたりにある膀胱を探します。

あらざんの場合は、膀胱を包むように圧をかけると、しばらくして自分で下腹部に力を込め始めます。
添えている手からも、見えている腰の皮膚の動きからも、「あ、出ているな」ということが分かります。
彼がその力を緩めるのを合図に、私も圧をかけるのを止めるようにしています。

痛くしないように、でも有効的に、の圧力がまだ分かっていないので、スキルアップして行きたいです。

オシッコは1日1~2回。
ウンチは1~2日に1回のペースで出ます。
朝晩挑戦するんだけど、出ないこともあり・・・です。

お水の器を前に持っていっても飲んでくれないことが多いです。
シリンジで飲ませたり、ゴハンをウェットフードにしたり。
さらに8分目を見計らって水で溶いたウェットフードかちゅーるをあげたりして、水分補給を心がけています。

毎日、水溶きアルジー(5mlの水に耳かき1杯くらい)も、シリンジで飲ませています。
オリハルコン社さんのブルーブリーンアルジーが、安全で純度が最高レベルだと評判が良いので、それを選んでいます。
http://vegefest.jp/?pid=112628690
元氣に走り回っていた頃よりも便の固さが安定しているのは、アルジーのおかげだと思います。

お天氣が良い日には、ベランダで日向ぼっこも。
外も少し見えるので、首を動かして鳥を目で追ったり、気持ちよさそうに寝たまま伸びをしたり、脚だけを動かしたり・・・
良い刺激になっていると思います。