きらめ樹 端材&カンナチップくん

きらめ樹の工房が稼働している所では、フローリングや壁材などが主に作られます。
きらめ樹は、皮むきをしてから一年半程度して〝天然乾燥木材〟となってから伐り出し、製材し、加工します。

丸太のまま木材の一般的な市場に出すのでは〝商品〟として受け入れられない間伐木材を、加工して〝商品〟にする。
六次産業化を目指します。

そこで出た端材や、〝カンナチップくん〟等と呼ばれるオガコは、きらめ樹工房を持っていない私でも、買うことができます。

私は、猫のトイレ砂として、オガコで作ったペレットにとても興味を持っていました。
今年の初め、ペレットを作る機械を触らせて貰う予定だったのが、工房多忙により叶わず…
ですが、電気がものすごく必要なこと、生産スピードが遅すぎるというコトが分かりました。

間伐材を木のまま粉砕して大規模な工場としてペレットを大量に作ったり出来れば、〝商品〟になりうるのかも知れません。
でも、きらめ樹富士宮工房が入手した機械では少なくとも難しそう…

しばらく「どうしたもんかね」と思っていたのです。

先日、大きめのオガコが〝猫のトイレの砂〟として売られているのを見ました。
なら、大きめのオガコ〝きらめ樹のカンナチップくん〟も、代用出来るのではないかな?と思い、きらめ樹工房に注文しました。

…前置きが長い。

きらめ樹の説明、難しいです。
ただ無闇に木の皮を剥いていたり、意味なく伐採したりすることだと思われたくなくて。

・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚

でね。

こないだ日曜日、早速、端材とカンナチップ君が届きました。
が、月曜日の朝に大阪で大きめの地震があり、落ち着かない日々を過ごした為、開封は今日。

猫トイレ(システムタイプ)に入れたらこんなカンジ、

まだ入れただけです。

様子を見たいと思います。

で、残りはしばらくとっておきます。
これは、人間のトイレにも使えるから。

月曜日の地震は、私が住んでいるところで震度6弱だったとのことです。
で、同程度もしくは大規模な地震が近日中に起こる可能性が高いだろうと言われています。

ダンボールにゴミ袋をセットして、このオガコを入れる。
そしたら、簡易トイレにはなります。
家族だけなら、水が使えなくなったとしても、2~3日普通にこれでしのげるでしょう。

ってことで。

ちなみに端材は、トイレットペーパーホルダー試作。
偶然にもトイレ物かぶり。

ノコギリと彫刻刀(笑)で出来るのはこの位です。

で、どうやってくっつけるんですかね?これ。

WAQアウトドアストア

木材流通を知る ツアー参加録

六甲山の麓を拠点にされている、森林と町を繋ぐ木材コーディネーターさん主催の「六甲山の木材の流通を知るツアー」に参加して来ました。

小径木用のチェンソー(スチール社201cガイドバー35)で、元口直径50㎝くらいのスギを軽く伐倒する林業のプロの仕事も見ることが出来ました。
牽引の装置、実物を初めて見たかも。
⬆重心が普遍的であり、道路側や見学者の方に倒せないから、使用されたんだと思う。

「隣との境界はモメゴト防止の為、道路側は林に風が入るのを防ぐ為に枯れていても伐らない方がいい」
というお言葉は覚えておかねば。
今までも伐っていないけど、きらめ樹以外の現場で伐っているのを見たし❗

それから、日本の人工林や林業のお話
http://necommune.catfood.jp/archives/903

氣は滅入ったんだけれども、プロの林業家さんのお話は熱くて興味深かったし、面白かったです。
初めてこういう話を聴くような人にも、理解しやすかったんじゃないかな。

【健康な森林は、雨水が川に注ぐ水量を調整してくれる…って話】
「傾斜のあるトコで立ちションしますやん。
低い方に立ってたら、そのまま足にバーって流れてきますやん。
でもね。
そこにコケとかがビシッと生えてたら、ジワジワ流れるから、足にすぐには来ませんやん。
それですわ。」

立ちション経験の無い我々にも、なんとなくイメージ出来るw

********

それから、これから酒造りに欠かせない六甲山の水を守る為に、森林保全活動を共同でされていかれるという白鶴酒造さんの資料館にお邪魔し、試作中の秘密のお酒をちょっといただきました。

********

数が少なくなったという製材所にも。
先ほど伐倒されたスギの木が運び込まれており、皮も剥かれていました。

一番玉(一番根元だった方・一番太い)は別に使用予定だとのことで、二番と三番玉なのに、きらめ樹の木材より、ずいぶん太い❗

それがスイスイとスライスされていきました。
これは倒したばかりの生の木なので、倉庫で半年程このような積み方で保管されるそう。
それからさらに、人工乾燥を施すこともあるそうで、その後、初めて加工される。

持ち込み製材も受けてくださるとのことで喜んだが、だいたいの価格を聞いてビックリしちゃいました。
色々と内訳を考えたら納得なんだけれど、それでは…無理だー。

とても感じて考えて揺さぶられる1日、勉強になりました。 
参加者さんの中には、地元の木材の利用のヒントを探しに来られたーと仰る方なんかも居て、なんか励みにもなりました。

何かで今後、繋がれたら楽しいな🎵

六甲山の木材の流通を知るツアー参加

【兵庫県 六甲山】

森林率67%の兵庫。
人工林…いっぱい。

そのうち、裏六甲の人工林の木材の使用を促進する事業をすすめられている方々による、“六甲山の木材の流通を知るツアー”に参加して来ました。

人工林散策~伐採見学~酒造メーカー見学~木材の製材所の見学

**********

林業の町ではありませんが、六甲山にも人工林がたくさんあります。
表六甲は国有林や大企業保有が比較的多く、裏六甲は民有が多いそうです。

第二次世界大戦の終盤、燃料不足を補うことを主な目的として、六甲山の木々は伐り出されて、ハゲ山に。
零戦の一部は、マツヤニから抽出した油で出撃していたこともあったとか。
 

戦後そのハゲ山に、スギとヒノキが植えられました。
~復興造林

さらにその約20年後、補助金も出された為に、自然のままの森をハゲ山にしてまで、スギやヒノキを植える地権者が増えました。
~拡大造林

しかし、木材の輸入の自由化をきっかけに、安価の木材がどんどん輸入されるようになります。
日本による世界の熱帯雨林の破壊の始まりです。

国内の木材の価格はどんどん下降し、現在は1/20程度にまで落ち込んでいるそうです。
林業が経済的に成立困難になり、スギとヒノキの人工林は、どんどん放置されるようになります。

人工林は、野菜などの畑と同じように、継続的なさまざまな手入れが必要であるにも関わらず。

植林は、その植物の特性やその土地の適性などを無視した形で行われたこともあり、山はどんどん弱っていきます。

スギの葉や枝は、地面に落ちても土を肥やすことが出来ず、循環は困難になります。なので、スギの根の周辺は“砂”に近いそうです。
密集する木々は、太れないまま高さだけを伸ばし、樹冠に遮られ、林床には光が届かなくなります。
他の生命体が生きていけないため、さらに、その地面は循環を止められます。
森で暮らす生き物たちは、棲みかを奪われます。
さまよった末、人が居るエリアに出てしまうと、多くが殺されます。

近年、各地で起こる土砂災害。
分かる人には、ニュース映像や写真を見ただけで、「放置人工林の針葉樹が滑ったから起こった災害だ」と判断がつくそうです。

でももし、土砂災害がその人工林の放置が原因だ…と正式に認めてしまえば、山主さんの責任は莫大なものとなります。国の責任はさらに。

なので報道では、「異常気象が原因」などと発表することが出来る学者?が前に出ます。
なので、それを知らない山主さんも多く、手を打つこともなされません。

人工林のやり方や進め方や対処方法が間違いであったことが拡がれば、災害予防のために経済とマンパワーが注がれていれば、失われなくても済んだ命があるはずです。

自分の管理責任のある人工林の放置することが土砂災害に繋がると知って、さらに知らん顔をする地権者など、居ないでしょうに。

きらめ樹と別の角度で、この放置人工林の問題に対してなされている活動に触れ、自分の視野を広げる目的で、このツアーに参加しました。 

でもこういう話を改めて別の角度から聞いたことで、地球や未来や命ではなく、一部の人間の保身や経済が軸となっている傾向に対して、深いため息がまた出るようになりました。

そして私個人もまた、経済的なことを理由にして“きらめ樹”の活動に専念出来ないでいることも再認識し、夜になっても氣持ちがとても重いです。

このメンタルは何の糧にもならないので、早急に立て直さねば…