世界中の人がヒューマンデザインを知ったら。

世界中の人が
『自分の中の権威』
の声を聞いて、
それを、自然に採用することができるようになったなら、

除草剤を撒こう!
猫を殺そう!
ゴミを車の窓から捨てよう!
歩きタバコをしてそれをポイ捨てしよう!
クマを撃とう!
犬を殴ろう!
森を焼いちゃおう!
アイツを騙してお金を出させよう!
崩れるって分かってるけど、補助金の為にこれ植えよう!
氣にくわない動物をとる罠を作ろう!
薬をまきちらして虫も微生物も全滅させよう!

とかいう人が、
ほぼ居なくなると思う。

ぁ。

一定数は居るみたい。

敢えてやるチャレンジャー達も居る。

全員が、いわゆる幸せになる為に生まれた訳じゃないのだそうだ。

お腹の中だけに存在して空に帰る人生とか、
事故にあって危険を知らせる人生とか、
凶悪事件を起こして氣づきをチカラづくで発生させる人とか…

そういう人生を選ぶ魂たちも。

でもでもでも。

種の保存が
いきものの大前提なのだとしたら、
多くの『それぞれの自分の権威』は、
それに添った応えを示すよね。

もうすぐ生まれてくる
ホモ・サピエンスの次の段階 の子どもたち。

その子たちは、ちゃんと
『自分の権威』と対話が出来るシステムを搭載してくるらしい。
内なる権威がないデザインの人も、
それに合う道標となるものを持っている。

今の子ども達はその進化の過程の人間だから、
一部の年配さんが、『理解できない不安』から無意識的に毛嫌いするのは、仕方のないことなのかも知れないな。

少なくともわたし達の世代は、

『若いもんは』
『今の子どもは』

って言いながら現役を邪魔するようなカタチ。
それを真似しちゃダメだ。

わたしたちは、
中継ぎの役目という共通の使命がある。

ヒューマンデザインのリーディングをさせて貰って、改めてそれを感じた🌞

WAQアウトドアストア

タイトルとURLをコピーしました